2011年 鮎解禁レポート

<祝!! 鮎解禁>

全国各地で、6月1日一斉に鮎解禁となりました。

週末の雨で、竿を出せる川が限定されてしまいましたが、そんな中でも地元神奈川の中津川には、例年通り、沢山の釣り人が入川。

 

あいにくの雨まじりの曇天で、水温・気温とも上がらず、厳しい状況でした。

水位は20cmほどの増水、昼すぎでも水温16度。

スポニチでも取り上げられた、フィールドテスター福田正人氏が朝一番から入川し、

午前中40尾以上、天然ものが多く混じり、サイズは小指サイズから16cmまでとまばら。

お昼までオトリがもたない方もあり、この小さい天然鮎をオトリに出来たかどうかで、釣果にもばらつきが出たようでした。

 

今年は、相模湾の天然遡上が非常によく、梅雨明け後からは、数釣りが大いに期待できそうです。

 

【日本海鮎情報(浦上テスターより)】

今年の小川は、遡上も良く数釣りも出来ると思います、また、常願寺の遡上も良く昨年以上です。

今年も即釣りが出来ると思います。

今年の遡上鮎は、水温が低いせいか型がまだ小さいです。今後の天候次第です。


カテゴリー: フィールドレポート, 鮎 レポート タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

*

CAPTCHA