新素材水中糸プロトB-005モニターレポート

氏名:M.T

レポートNO.1

 

<使用日>平成21年 6月 7

<使用した河川>     神奈川県  中津川

<使用したポイント>(チャラ瀬・トロ等複数記入可)

平瀬、ザラ瀬

<河川状況>(増水、渇水、濁り等)

やや増水

<本日の釣果>

掛かり鮎7尾

    

<仕掛け図>①~④までは必ずご記入ください。

    プロトB-005の使用M数:4m

    つけ糸の素材及び号数と長さ(上側と下側両方):上フロロ0.4-50cm/下フロロ0.3-20cm

    天上糸の素材(ナイロン・フロロ・PE):フロロ0.8

④ オモリ使用の有無:無し

 

<トラブルの有無>あり・なし  ありの場合、具体的にトラブルのあった箇所と考えられる要因があればご記入ください。

 

<糸の硬さについてどう感じますか(選択)>硬い・やや硬い・普通・やや軟らかい・軟らかい

やや硬いというイメージです。

 

<糸の重さについてどう感じますか(選択)>重い・やや重い・普通・やや軽い・軽い

重そうですが悪いということはなさそうです。

 

<コスレに対する強さについて(選択)>強い・やや強い・普通・やや弱い・弱い

特に無し。目印の動きも問題なし。

 

<その他自由記入欄>(どのようなことでも結構です。自由なご意見をご記入ください)

 

素人の為ろくなコメントできず申し訳ありません。もっと使い込んでみます。

解禁日にも使用しましたが、

急瀬で根掛してしまいちょっと強く引っ張ってしまった所下編みつけから切れてしまいました。

いつものメタコンポと同じように強めに編みつけしたためかとおもい、今回は緩め(はじめちょろちょろなかぱっぱ)に20回程度編みつけし、中ほどにアロン一滴落としました。

そうした所、この時期根掛りの多い中津川(木、ビニール等)では容易に切れませんでした。

 

下図私の編みつけ方法でもし、注意が必要でしたらご教授下さい。

下付け糸

供試品

編みつけ20

中央部にアロン一滴

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


カテゴリー: フィールドレポート, 鮎 レポート タグ: , パーマリンク

コメントは停止中です。