【2012中津川鮎友釣り講習会レポート】

7月29日(日)、神奈川県中津川にて、フジノライン主催、地元釣りクラブの「鮎夢会」協力による鮎友釣り講習会を開催しました。

各地から18名の参加者が集まり、全く初めての方から釣歴30年以上のベテランの方まで幅広いレベルの講習会となりました。

最初に、福田正人テスター・鮎夢会メンバー・釣具店店長によるパネルディスカッションがはじまると、様々な質問が飛び交い、予定時間をオーバーするほど、参加者とパネラーとの熱いトークが続きました。

また、今年3年目の鮎夢会メンバーから、「初心者が鮎を沢山釣るには」と自分自身が苦労した経験を交えながらの発表もあり、多いに盛り上がりました。

引き続き、初心者・引抜き練習・オモリ実釣・仕掛け作り・フリー実釣の5グループに分かれ、行き来を自由とした実釣講習がスタート。

福田テスターの回りを取り囲むようにオモリ実釣に人が集まりました。

一人一人竿の角度やテンションなど、指導を受けながら、自分が納得してその感覚を覚えたら次の人と交代し、午前中の時間いっぱいまで、皆さん集中していました。

昼食休憩をはさんだ後、福田テスターと鮎釣り3年目の松村スタッフの二人のデモンストレーションを15分程行い、松村スタッフにわずか10分足らずの間に3連続で鮎がかかり、歓声に沸いていました。

午後1時から3時まで、午前の講習の成果を生かすべくミニ釣り大会を行い、短時間の間にトップがオトリ込12尾、8尾以上が6人、あちこちで竿が曲がり、全員が釣れて予想以上の好釣果となりました。

 

早朝から猛暑の一日となりましたが、閉会のあとも残って釣りをする方の姿も多く見られました。

ご参加いただいた皆様、有難うございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


カテゴリー: イベントレポート, 更新情報 タグ: , , パーマリンク

コメントは停止中です。