新素材水中糸プロトB-005モニターレポート

氏名:Y.U

レポートNO.2

<使用日>平成21年 6 月 13 日

<使用した河川> 東京都 秋川

<使用したポイント>午前 チャラ瀬、コンクリートが埋まっているトロ、

          午後 チャラ瀬、トロ、ザラ瀬

<河川状況>減水

<本日の釣果>午前16尾、午後1尾 合計17尾(午前7:30~12:00、午後13:00~17:30

   午後は1キロ程場所移動、3尾掛け2尾バラシ)

<仕掛け図>①~④までは必ずご記入ください。

①    プロトB-005の使用M数  4m

②    つけ糸の素材及び号数と長さ(上側と下側両方) 上フロロ0.4 1m、下フロロ0.3 10cm

③    天上糸の素材(ナイロン・フロロ・PE) フロロ0.8号移動式5m

④ オモリ使用の有無 有り0.8号

 

<トラブルの有無>あり・なし  

 オバセを取りすぎ、石の隙間に糸が入ってしまい、竿操作で無理に外そうとしたら切れました。

<その他自由記入欄>

今回使用回数2回目。補修無し。使用前にB-005の痛み具合をチェックするが問題無し。

午前竿を出したチャラ瀬で泳がせを行い、今回もオバセの調整で泳ぎにメリハリをつける事が

出来ました。コンクリートが埋まっているトロでは何回もコンクリートにこすりつけてしまいま

したが、大きなダメージは無く、午後もそのまま使用しました。

流れてきた草、ゴミに当たりましたが傷無し、また移動時に障害物にも当たりましたが傷はあ

りませんでした。ただ、泳がせ中にオバセを多く取りすぎ、石の隙間にB-005が入り、竿操作

で無理に外そうとしたら切れました。これは糸の原因ではなく、釣り手つまり私の操作ミスです。

面倒がらずに川に入って外しに行けば、トラブルは回避できたと思われます。

草、ゴミ、障害物に当たった時に目には見えない傷がついた可能性もありますが、指で触っても

ザラつき感はなく、当たった直後に切れたわけではないので、今回もコスレに強い印象でした。

[`evernote` not found]
LINEで送る

カテゴリー: フィールドレポート, 鮎 レポート タグ: , , パーマリンク

コメントは停止中です。