新素材水中糸プロトB-005モニターレポート

氏名:J.Y

レポートNO.3

<使用日> 平成21年6月21日

<使用した河川> 栃木県鬼怒川 大渡橋(常さんトロ)

<使用したポイント> 早瀬

<河川状況> 平水、雨天&水温が低いせいか活性が低め

<本日の釣果> 12匹

<仕掛け図>①~④までは必ずご記入ください。

①    プロトB-005の使用M数 4m

②    つけ糸の素材及び号数と長さ(上側と下側両方)上ナイロン0.4号1m、下フロロ0.3号30cm 

③    天上糸の素材(ナイロン・フロロ・PE)PE0.6号4m

④ オモリ使用の有無 なし

竿:ウイストAZ-1⇒ウイストAR-1(ソリッドトップ)

天井糸:X-DRIVE(PEライン)0.6号4m(50cmの折り返し)

ジョイント:自作へら用22号スイベル+目印糸

上付け糸:ナイロン0.4号1m

水中糸への接続:0.25号ナイロンで20回編み込み

水中糸:プロトB-005 4m(同一ラインの使用1日目です)

目印:3回編み込み(下向き)、4個(ピンク、白、赤、黄)

下付け糸:フロロ0.3号30cm

中ハリス:フロロ0.8号

鼻カン:グランスポット鼻カン5.5号

逆針:マルトエンゼルグース1号

ハリス:ナイロン1号~1.25号

掛針:ダイワエアスピード6.5号、スピード7号

カツイチ:V5 7号、オーナーJ-TOP6.5号 などすべて4本

チラシ:カツイチピンギツネ7.5号2段

 

<トラブルの有無>なし

今回は新しいラインを使用しました。鬼怒川の上流部はサッカーボールぐらいの大きな石が多く、石ずれや根掛りなどトラブルの原因になりやすいのです。その割には高切れもなく1日を終えることができました。但し、釣れる鮎が小さく、低水温で鮎の元気がないのも無事だった一因だと思います。

帰宅後の点検で下付け糸から50cm位が所々つぶれた様に傷んでいました。しかし、ささくれはありませんでした。

 

<その他自由記入欄>

午前中は雨でそのせいでラインが竿に絡みつき扱いづらかったです。根掛りで竿を煽ってしまい、穂先をポッキリ折ってしまいました(涙)。でもラインは切れなかったです。

鮎のサイズは12~15cmが多かったです。クラブのメンバーは同じ場所で40匹ほど釣ったものが何人かいました。まだまだ精進が足りませ

[`evernote` not found]
LINEで送る

カテゴリー: フィールドレポート, 鮎 レポート タグ: , パーマリンク

コメントは停止中です。