新素材水中糸プロトB-005モニターレポート

氏名:H.N(京都市)

レポートNO.2

<使用日>平成21年6月27日

<使用した河川>     滋賀県 安曇川朽木(解禁日)

<使用したポイント> 早瀬、平瀬

<河川状況> 数日前に平水に戻り減水気味

<本日の釣果> 12~19cm 68匹 

<仕掛け図>①~④までは必ずご記入ください。

①    プロトB-005の使用M数:3M

②    つけ糸の素材及び号数と長さ(上側と下側両方):上側ナイロン0.4号1.3M、下側フロロ0.3号0.25M

③    天上糸の素材(ナイロン・フロロ・PE):フロロ0.8号、4.5M

④ オモリ使用の有無:使用せず。

竿:下野Bバージョン9M

中ハリス0.8号

針:一角6.5四本イカリ、V5 6.5、7.5三本イカリ、

ヤナギ

 

 

<トラブルの有無>あり・なし  ありの場合、詳細。

 比較的、石が大きく角張っているポイントで使用していたが、岩ずれによるコーティングの剥

れがあり(原糸がささくれた状態)、仕掛け交換をした。

 

<その他自由記入欄>

 前回より、下側の付け糸を0.25Mにしたが、うまく行かなかった。次回は、0.30Mでテスト

してみたい。

 20cm近いオトリと掛かり鮎でも流れ早い所から引き抜いたが、強度は十分あるように思う。

私の釣り方によるものか、前回同様岩ずれによる抵抗力が気になるところです。


カテゴリー: フィールドレポート, 鮎 レポート タグ: , , パーマリンク

コメントは停止中です。