新素材水中糸プロトB-005モニターレポート

氏名:T.H

レポートNO.1

 

<使用日>平成21年7月18日(土)午前8時~11時(降雨のため終了)

<使用した河川> 秋田県大館市比内町 米代川本流 支流

<使用したポイント>(チャラ瀬・トロ等複数記入可)

         早瀬 トロ

<河川状況>(増水、渇水、濁り等)

         増水 本流50cm高 支流35cm高 (雑草の流下多し)

<本日の釣果>

         6匹 14cm~16cm

   

<仕掛け図>①~④までは必ずご記入ください。

①    プロトB-005の使用M数  3.5m(今回は、プロトのみ)

②    つけ糸の素材及び号数と長さ(上側と下側両方)                               上付糸フロロ0.35 50cm 下付糸フロロ0.3 30cm                                                   

③    天上糸の素材(ナイロン・フロロ・PE) PE0.6 

④ オモリ使用の有無              有 0.5~1.0

 

<トラブルの有無>あり・なし  ありの場合、具体的にトラブルのあった箇所と考えられる要因があればご記入ください。

                3回目の目印の移動中に一ケ所だけ切れた。

<糸の硬さについてどう感じますか(選択)> 硬い

<糸の重さについてどう感じますか(選択)> やや重い

<コスレに対する強さについて(選択)>   普通

<その他自由記入欄>(どのようなことでも結構です。自由なご意見をご記入ください)

 

 鮎竿 G社 硬中硬 9m 穂先1.6mm

  今回は、2回目の増水であり、強行したものです。

 水中糸については、プロガードとの比較です。(3シーズン使用)

 強度については、充分だと感じました。(50cm位のイタドリが絡んでも手元にきました)

 オモリの感度については、底石に当たる感じが、コツコツと感じ取れました。

 次回は、他の水中糸と比較したいと思います


カテゴリー: フィールドレポート, 鮎 レポート タグ: , , パーマリンク

コメントは停止中です。