新素材水中糸プロトB-005モニターレポート

氏名:N.S

レポートNO.2

<使用日>平成21年 7 月 18日

<使用した河川> 栃木県  那珂川  烏山大橋下流

<使用したポイント>早瀬

<河川状況>渇水 ササ濁り

<本日の釣果>9匹

<仕掛け図>①~④までは必ずご記入ください。

①    プロトB-005の使用M数 4m

②    つけ糸の素材及び号数と長さ  上 ナイロン0.4号、下ナイロン0.3号 

③    天上糸の素材(ナイロン・フロロ・PE) PE0.5号

④ オモリ使用の有無 時々3号使用

 

<トラブルの有無>あり

 ラインが毛羽立ってほつれる。

 青ノロの流下が多く、取り外していたところ、約3時間でほつれてきた。

 

<その他自由記入欄>

 表面がなめらかなので、青ノロが付いてもはずしやすく、目印の移動もスムーズである。

 しかし、本日は前日の雷雨のせいか、青ノロの流下が多く、付く度にはずしていたところ、

 糸がほつれてきた。

 今年の那珂川は全くの不調です。

 釣っている人でも20匹以下です。みんな苦労しています。


カテゴリー: フィールドレポート, 鮎 レポート タグ: パーマリンク

コメントは停止中です。