新素材水中糸プロトB-005モニターレポート

氏名:T.Y

レポートNO.2

<使用日>平成21年 7 月 5 日 くもり後晴れ

<使用した河川>埼玉県 荒川

<使用したポイント>トロ・急瀬

<河川状況> 平水に近い

<本日の釣果>8匹(15cmが2匹、18~19cm6匹)

<仕掛け図>①~④までは必ずご記入ください。

①    プロトB-005の使用M数  3.2m

②    つけ糸の素材及び号数と長さ フロロ 上0.5 50cm(ダイワ製)

                    下0.4 30cm(バリバス製)

③    天上糸の素材(ナイロン・フロロ・PE) フロロ0.8 5m(ダイワ製)遊び50cm

④ オモリ使用の有無 使用しません。背針対応です。

 

<トラブルの有無>なし

  今日はめずらしくトラブルなし。

 

<その他自由記入欄>

 日曜日とあって釣り人も多い:各ベストポイントには9m間隔が守れないような状況であった。

 秩父荒川の特長は、岩盤が多くつるつる滑る。私は地元の釣具屋でスパイクを打ってもらった

タビを使っている。

 

やや急瀬の岩盤と石が入っているところに竿を出す、9時30分からはじめて午前中は2匹

午後から急瀬に釣り場を変える。

流れがきついので、オトリがすぐダメになる覚悟をしていたら、来た大きいのが。

即オトリをかえ、釣れるたびに良い循環で4時まで過ごせた。

 

ラインが良いから、よくオトリがもつ、手ごたえも良い、今年初めての良い釣り日でした。

私はオモリを使わない、背針対応です。


カテゴリー: フィールドレポート, 鮎 レポート タグ: , , パーマリンク

コメントは停止中です。