新素材水中糸プロトB-005モニターレポート

氏名:H.N

レポートNO.4

<使用日>平成21年 7月 25日

<使用した河川>     滋賀県 安曇川広瀬

<使用したポイント> 平瀬、チャラ瀬

<河川状況> 平水、曇り時々雨

<本日の釣果> 13~20cm 40匹

<仕掛け図>①~④までは必ずご記入ください。

①    プロトB-005の使用M数:2.5M(解禁から使用しているため、つけ糸を付け直しているため短くなっている)

②    つけ糸の素材及び号数と長さ(上側と下側両方) :上側ナイロン0.4号1.7M、下側フロロ0.3号0.30M

③    天上糸の素材(ナイロン・フロロ・PE) :フロロ0.8号、4.5M

④ オモリ使用の有無:使用せず。

 

竿:下野Bバージョン9M

中ハリス0.8号

針:早がけ6.号5四本イカリ、

V5 7.5号三本チラシ、

ハリス1.0号

 

 

<トラブルの有無>なし

 

<その他自由記入欄>

 本日は、岩ずれのトラブルもなかった。引き抜き時も強度に対する不安はなかった。

解禁から同じ水中糸を使っているので大分短くなってきたが問題はなく使えている。しかし、

ベタ竿で釣るような深い瀬のようなポイントでは当初から水中糸を少なくとも4m程度はと

っておいた方が良いと思います。


カテゴリー: フィールドレポート, 鮎 レポート タグ: パーマリンク

コメントは停止中です。