新素材水中糸プロトB-005モニターレポート

氏名:

レポートNO.4

<使用日>平成21年 7月18~19(半日)日

<使用した河川>   岐阜県    長良川

<使用したポイント> 大和地区急瀬~郡上地区早瀬

<河川状況> 18日平水より70cm高笹濁り、19日60cm高濁りなし

<本日の釣果> 17匹~6匹

<仕掛け図>①~④までは必ずご記入ください。

①    プロトB-005の使用M数 4M

②    つけ糸の素材及び号数と長さ(上側と下側両方) 上0.2号 下0.175号

③    天上糸の素材(ナイロン・フロロ・PE) フロロ

④ オモリ使用の有無  有1号

 

<トラブルの有無>あり     つけ糸下の部分で、

水中糸とつけ糸のつなぎ目が掛かり鮎と共に高切れ、つけ糸に対する鮎の大きさが

合わなかったため切れたと判断、高水と鮎の大きさによるもの。

<その他自由記入欄>

17日に大雨が降って、18日には、友釣りが出来るまで水位が下がったが、依然水位

がそれまでの平水より60~70cmと高い状態での友釣り、背針では鮎が安定せず、オ

モリを使用する。オモリによる引き釣りではなく、オモリ泳がせ釣りで安定することに

注意して釣ることに専念した。

 


カテゴリー: フィールドレポート, 鮎 レポート タグ: パーマリンク

コメントは停止中です。