新素材水中糸プロトB-005モニターレポート

氏名:S.T

 

<使用日>平成21年  8月 4日

<使用した河川>    静岡県    狩野川(梶山)

<使用したポイント> (チャラ瀬・トロ等複数記入可)

 荒瀬の巻き込み及び水深20cm~50cmの瀬脇の石の溝及び浅い白泡の中

<河川状況> (増水、渇水、濁り等)

 15cm増水

<本日の釣果>

 午前中のみで:22匹

<仕掛け図>①~④までは必ずご記入ください。

①          プロトB-005の使用 M 数・・・・・・・・・・4m

②          つけ糸の素材及び号数と長さ(上側と下側両方)・・上側0.4号3.3m、下側0.4号20cm

③          天井糸の素材(ナイロン・フロロ・PE)・・・・・上下ナイロン

④          オモリ使用の有無・・・・・・・・・・・・・・無し(背バリ使用)

コメント

つけ糸との接続は編込みでは使用していません(釣り場では編込み作業ができないためです)

自分が行っている方法は、

電車結びの要領でコブとコブの間をヨリ10mmほど開けて接着します

この方法は10年使用していますが、今までトラブルはありません。

 

 

 

天井糸:ナイロン:0.6号1.5m

折り返し遊動式

自作ヨリ取りリリアンで 上つけ

糸と接続

上つけ糸:0.4号3.3m

 

 

新素材ライン4m

 

 

はなカン周りは、遊動式背バリ使用

 

  下つけ糸:0.4号20cm

 

 

 

 

<トラブルの有無>なし  

 

<糸の硬さについてどう感じますか(選択)>やや硬い

<糸の重さについてどう感じますか>(選択)やや軽い

<コスレに対する強さについて(選択)>強い

<その他自由記入欄>

連日この釣り場は好釣果があり場荒れ気味の為、他の人が狙わない細かいポイントを集中的に

 攻めることにしました、その為、石の詰まった溝の中や浅い白泡の中を中心に釣りました、

つけ糸も(下側)通常0.25号を0.4号にして根ズレ対策をして釣った結果、プロトB005も

 まったくトラブルがありませんでした。

次回、8月7日に釣行予定しています、その時に使用した仕掛け、プロトB005を送りますので

 (使用は2回目)参考にしてください。


カテゴリー: フィールドレポート, 鮎 レポート タグ: , パーマリンク

コメントは停止中です。