新素材水中糸プロトB-005モニターレポート

氏名:S.F

レポートNO.1

 

<使用日>平成21年 6月 4日

<使用した河川>  神奈川県    酒匂川

<使用したポイント>(チャラ瀬・トロ等複数記入可)

          早瀬、ザラ瀬、トロ

<河川状況>(増水、渇水、濁り等)

           平水

<本日の釣果> 

17匹 サイズ12~19㎝

    

<仕掛け図>①~④までは必ずご記入ください。

①    プロトB-005の使用M数  4m

②    つけ糸の素材及び号数と長さ(上側と下側両方) 上付け糸ナイロン0.4号1.0m

                         下付け糸ナイロン0.3号20㎝

③    天上糸の素材(ナイロン・フロロ・PE) PE0.55号

④    オモリ使用の有無 オモリ無

⑤    竿タイプ S社H2.25 90-95

付け糸

ナイロン0.3*20cm

天上糸

PE 0.55

上付け糸

ナイロン0.4*1.0m

ハナカン糸

ナイロン0.5*30cm

水中糸

プロトB 0.05*4.0m

使用竿

S社H2.25 90-95

編みつけ

15~20回

 

 

<トラブルの有無>あり

石で擦れ繊維がほつれてきた、プロガードと同じ症状。

アオノロが糸にまとわり付いたとき、それを取る際に症状が悪化していく。(上下に広がる)

ほつれが何処から何処までか分かりづらい(色が白っぽいためか?)

 

<糸の硬さについてどう感じますか>やや硬い

<糸の重さについてどう感じますか>やや軽い

<コスレに対する強さについて>弱い

<その他自由記入欄>

実釣で切れるまで使おうと思っていたが、ササクレがひどくなってきたので軽く手で引っ張ってみたら簡単に切れてしまった。感触はプツッではなくボソッという感じ(例えて言うならば新聞紙を水で濡らして引っ張った感じ)


カテゴリー: フィールドレポート, 鮎 レポート タグ: パーマリンク

コメントは停止中です。