新素材水中糸プロトB-005モニターレポート

氏名:M.J

レポートNO.5

<使用日>平成21年 9 月 14 日

<使用した河川>  新潟   県  三面    川

<使用したポイント>瀬

<河川状況>平水より20cm高

<本日の釣果>28匹

<仕掛け図>①~④までは必ずご記入ください。

①    プロトB-005の使用M数 3m(2.8m)

②    つけ糸の素材及び号数と長さ 上フロロ0.4号1m、下フロロ0.3 20cm 

③    天上糸の素材(ナイロン・フロロ・PE) PE0.7号 5m

④ オモリ使用の有無 有

 

<トラブルの有無>なし 

 

<その他自由記入欄>

前回使用したものを下約20cmを切り、つなぎ直して使用した。

ゴミも流れてきて、からまることもあったが、トラブルなし。

天然アユの22~23cmなら問題なく引き抜ける。

(但し、穂先はやわらか目がよい)

結束は必ず編込みがよい。

 

全5回とも全て同じ仕掛け(普段と同じ仕様)で試してみました。

釣行場所の石にもよりますが、多少こすれに弱い感じもします。もう少し大きいアユを釣ってみ

たかったのですが、自分の腕では限界でした。

0.05で三面川の天然アユ22~23cmを瀬から抜ければ強さも問題はないと思いました。

今後、また同じようなモニターの機会があったらやってみたいと思いました。

普段あまり気にせずにいたことも気付くことが出来ました。

このような機会を与えていただき、有難うございました


カテゴリー: フィールドレポート, 鮎 レポート タグ: パーマリンク

コメントは停止中です。