新素材水中糸プロトB-005モニターレポート

NO.2

≪氏       名≫  M.A

<使用日>  平成21年 6月 13日(土)9:00~16:00

<使用した河川>  神奈川 県 相模川 高田橋上流

<使用したポイント>  押しの強い瀬

<河川状況>  平  水(薄らにごり)

<本日の釣果>  18尾 (14㎝~20㎝)

<仕掛け図>①~④までは必ずご記入ください。

①     プロトB-005の使用M数

4.0m

②  つけ糸の素材及び号数と長さ(上側と下側両方) 

上つけ糸  フロロカーボン  0.4号

下つけ糸  フロロカーボン  0.3号(オモリ使用時は0.4号)

③  天上糸の素材(ナイロン・フロロ・PE) 

フロロカーボン0.8号

④ オモリ使用の有無

  オモリ使用  1.0~2.0号

⑤ 使用ロッド

    超硬ロッド 9.0m(パワーソリッド穂先)

<トラブルの有無> なし  

<糸の硬さについてどう感じますか(選択)>やや軟らかい

<糸の重さについてどう感じますか(選択)>やや軽い

<コスレに対する強さについて(選択)>やや弱い

  前回使用時には気付かなかったが、釣り始めに仕掛けを確認したところ、下つけ糸編み込み上部15cm

くらいのところにささくれ状(糸が裂けた状態)のキズを発見。恐らくコスレによるものと考える。

コスレに対する強さについては「やや弱い」としますが、そのようなささくれ状のキズがあるにも関ら

ず、その部分から切れず、トラブルなく一日使えたことは強度があるということか?また糸の痛み具合、

キズなどがわかりやすい?

  

<その他自由記入欄>(どのようなことでも結構です。自由なご意見をご記入ください)

 ○今回は小生が持っている一番硬いロッドを使用し、糸の直線強度を確認した。この竿は標準メタルライン

0.1号以上、ナイロン0.3号以上、適合錘0~10号、荒瀬から25cm級の鮎をぶち抜ける竿です(今回は

ソリッド穂先使用)。鮎が掛ってから浮かせて抜くまでが早く、主導権を握れる竿で、もちろん仕掛け強

度はそれなりに必要になります。そのような竿と005という細さの水中糸ではアンバランスですが、掛け

てから取り込みではトラブルなく問題なし。直線強度はかなりのもの!!?

今回はオモリ使用で下竿から扇状に引く釣り方。下竿で掛っても強引に竿を立ててもライントラブルはな

し。大丈夫!!?

 ○感度については前回使用した竿よりカーボン素材がいい竿ですのでいくらか良くなっている。しかし、感度がいいとはいえない。しかし糸自体がしなやかなのでやむを得ないか。

 ○下つけ糸編み込み部を移動させた際、水中糸表面のコーティング?の剥がれが気になる。水中糸が痛んだ場合、編込みを上げていきます。(時には編込みごと現場で交換)。編込みは移動させない方がいいのか?


カテゴリー: フィールドレポート, 鮎 レポート タグ: パーマリンク

コメントは停止中です。