新素材水中糸プロトB-005モニターレポート

氏名:M.O

レポートNO.4

<使用日>平成21年8月18日

<使用した河川>新潟県三面川

<使用したポイント>トロ瀬 早瀬

<河川状況>増水気味

<本日の釣果>45匹

<仕掛け図>①~④までは必ずご記入ください。

①    プロトB-005の使用M数 3.5m

②    つけ糸の素材及び号数と長さ(上側と下側両方) 

上側:ナイロン0.35号 0.5m  下側:フロロカーボン 0.4号 0.25m

③    天上糸の素材(ナイロン・フロロ・PE) フロロカーボン 0.6号

④ オモリ使用の有無 あり

 

<トラブルの有無>なし  

 

 

<その他自由記入欄>

大きなトラブルもなく,使わせて頂きました。普段はタングステン系の
比重の大きい糸を使い,瀬の引き釣りをします。その場合は,チャラやトロ
に移ったとき,糸の張り替えが必要となります。

このプロトを使わせて頂き,小さなおもりで糸を沈めることで,押しの強い
瀬を攻めることもでき,トロなどに移動した場合はおもりを外すだけでOK
であると感じました。

浅い場所で泳がせた場合は少し泳ぎすぎると感じましたので,下付け糸を0.4号と
太めにすることで問題を解決できました。強度や大石の多い川における対摩耗性
も気になることはありませんでした。

相模川においては27cmクラスの鮎を20匹ほど釣り上げることもできました。


カテゴリー: フィールドレポート, 鮎 レポート タグ: パーマリンク

コメントは停止中です。