精進湖 ワカサギ 釣行 レポート 2010/11/03

釣  人:テスターK氏
釣行日:11月03日(日曜日)
場所:精進湖・金風荘出船
場所:通称藤蔵ロープ
水深7mライン

状況:雨とプランクトンの関係でか?若干の濁り
朝から西風が強く湖面はウネリ気味
11月1日の解禁からポツポツ釣れているとの事で船宿からの要請で試し釣りに

先発の釣人がアタリが無いとの事でしたが、7mライン底釣りで始めるとすぐにアタリ出し
ポツポツ釣れ出す、11時近辺までは頻繁にこの棚に回遊が入り順調に釣果が出るが
水温の変化からは外道の猛攻に遭遇し仕掛けのロストの連発で一時不釣になる。
棚を探り3m前後に宙釣りで釣れる事がわかり、外道も回避でき快適な釣りに。
14時前から太陽が陰り、水面が暗くなると棚が上昇し水面1mで活発に食い出し
入れ食いになる。
終了の15時過ぎまでの1時間弱は時速200匹ペースの忙しい釣りに。
同行のM君は手バネに切り替え時速240匹の釣りとなる。
しかしこんなペースの釣りでも小まめなエサ換えは必須で、エサが悪くなると途端に
アタリが出なくなるので、入れ食いにかまけずエサ換えは怠らない事が大事です。

タックル: 電動2丁
ライン : 極細タイプ2 0.2号 極細0.15号
仕掛け: 渋りワカサギ狐 1.5号と1.0号の4本バリ
幹糸 : アクト0.25号 枝:フロロ0.2号 2センチ
錘   : 1g~2g
エサ  : バターさしカット
釣果:  683匹 4~9㌢

精進湖の釣りは常設のロープへ船を止めての釣りとなり、風が吹くと前後左右に揺れ
又、風流れが生じ易いので極細のように抵抗を受け難いラインの使用が望ましい。
糸フケが最小限なので、よりアタリが鮮明に出る。
今期の魚影の濃さは目を瞠るものがあります。今後底に落ち着き出せばより楽しい釣りが
展開されるかと思います。釣場も一部のファンのみで非常に落ち着いているので今後の
ワカサギ釣場としての期待が持てそうです。
尚、現地情報が乏しいので、釣行予定の際には上記船宿へ連絡をいれ、状況とエサの入手
などの確認をしてからの釣行が望ましい。
基本的には自分の飲食物や仕掛けエサなどは用意されて行くのが無難でしょう。
露天の釣りとなるので、防寒対策も必須です。


カテゴリー: フィールドレポート, ワカサギ レポート タグ: , , , パーマリンク

コメントは停止中です。