新素材水中糸プロトB-005モニターレポート

氏名:K.H

レポートNO.4

<使用日>平成21年 6 月 11 日

<使用した河川>  静岡   県 狩野川

<使用したポイント> 瀬・トロ瀬・チャラ瀬

<河川状況> 天候 雨で10cm増水、ゴミ流れ多い

<本日の釣果>1回戦 11匹(オトリ込み13匹)

       2回戦 5匹(オトリ込み7匹)

     12cm~18cm

<仕掛け図>①~④までは必ずご記入ください。

①    プロトB-005の使用M数  3m

②    つけ糸の素材及び号数と長さ(上側と下側両方) 上ナイロン0.3号1.5m

                         下ナイロン0.25号 18cm

③    天上糸の素材(ナイロン・フロロ・PE) ナイロン4.5m

④ オモリ使用の有無 0.5号~1号をつけたりはずしたり

 

<トラブルの有無>あり・なし  

 

<その他自由記入欄>

  報知選手権、1回戦1位、2回戦7位(5位まで出場権)で負けました。

  

一回戦時、中盤で木の葉が水中糸にかかり、ひどいヨリが入ったが、丁寧に戻して

  引いたところ、チヂレもなく全く復元。強度も落ちていないので、そのまま2回戦も使用 

  した。トラブルも無かった。

通常は使用不可能なほどのヨリだったが、ヨリをほどいた後は、全くチヂレも残らず、驚いた。

  まだ大アユと引き合った時の強度は不明ながら、相当信頼性を感じています。


カテゴリー: フィールドレポート, 鮎 レポート タグ: , , パーマリンク

コメントは停止中です。