新素材水中糸プロトB-005モニターレポート

氏名: Y.K

レポートNO.4

<使用日>平成21年6 月 9,11,14 日

<使用した河川> 静岡    県  興津、狩野、藁科    川

<使用したポイント>瀬、瀬肩、ザラ、大トロ

<河川状況> すべて渇水ぎみ

<本日の釣果>

<仕掛け図>①~④までは必ずご記入ください。

①    プロトB-005の使用M数   

②    つけ糸の素材及び号数と長さ(上側と下側両方) 下フロロ0.25 30cm

③    天上糸の素材(ナイロン・フロロ・PE) 

④ オモリ使用の有無

 

<トラブルの有無>あり・なし  

 

<その他自由記入欄>

今まで使用した(メインラインとしてTS,ゼウス)ラインと比べ、根ズレ、結束強度は

かなり良好です。ただし、ライン表面のすべりが良いため、あみつけの糸を間違えると抜ける

事があると思います。また、使用後の傷の点検(使用中も)を行い、必ず付け糸(下)の取替え

をおすすめします。私は一回の釣行で、30cm~100cmほど点検ごとに短くなります。

今、一点使用上の悩みがあります。使用中(糸がぬれている時)にキズの判断がしづらいという

ことです。いただいたラインも残りわずかとなりましたが、今後はその点(使用中のキズの判断)

を含めて調査したいと思っています。


カテゴリー: フィールドレポート, 鮎 レポート タグ: , , , , パーマリンク

コメントは停止中です。