新素材水中糸プロトB-005モニターレポート

氏名:M.S

レポートNO.1

 

<使用日>平成21年 6  月 20 日

<使用した河川>  群馬   県 神流川

<使用したポイント>(チャラ瀬・トロ等複数記入可)

  荒瀬・瀬・トロ(瀬中心)

<河川状況>(増水、渇水、濁り等)

  平水(やや引き水状態)

<本日の釣果>

    36匹

<仕掛け図>①~④までは必ずご記入ください。

①    プロトB-005の使用M数    3m

②    つけ糸の素材及び号数と長さ  上フロロ0.4 1m 下フロロ0.320cm 

③    天上糸の素材(ナイロン・フロロ・PE) PE0.7号 

④ オモリ使用の有無    なし、背針使用

 

<トラブルの有無>あり・なし  

<糸の硬さについてどう感じますか>やや軟らかい

<糸の重さについてどう感じますか>普通

<コスレに対する強さについて>やや強い

<その他自由記入欄>

 糸の硬さについて「やや軟らかい」としましたが、軟らかさが扱いやすいと考えます。

 糸の重さについて背針を使用していたこともありますが、瀬や荒瀬にスムーズにおとりが

 入る感じがあります。

 欲を言うならもう少し重さがあると良いと感じます。

 コスレについては、途中岩などにこすれ傷ができましたが、そのまま使い続け、AM8:00

 ~PM5:00まで切れることはありませんでした(魚は最大でも18cm位)

 強度はかなりのものと思います。

糸切れを感じたことはなく、荒瀬でも一歩も下がらず引き抜けました。

 今後、どのサイズまで抜けるか試していきたいと思います。

 


カテゴリー: フィールドレポート, 鮎 レポート タグ: , , パーマリンク

コメントは停止中です。