山中湖 ワカサギ 釣行 レポート

講習会翌日の釣行レポートです。

釣行日   11/7
天 候   曇り後晴れ
風     北東の風後南東の風
気 温   10~20℃
水 温   15度
釣り宿   山中湖槌屋ボート
ポイント  槌屋ボート沖11m

講習会とほぼ同じポイント今日は朝から湖水の匂いが気になります。ターンオーバーか?
案の定

魚探の反応は良いのですがなかなかアタリが出せません。穂先の角度や 錘の重さ 仕掛けなど試行錯誤。
誘って誘ってやっとアタリが出る感じです。

しかも 講習会の時よりも サイズダウン・・・・・・餌離れも早くなかなか面白い釣になりそうです!

今日はナイロン系の仕掛けよりもフロロ系の張りのある仕掛けのほうが掛りがよかったです。
AM10:00頃風向きが変わり始めると魚の活性が上がり始めます!相変らず棚バラケですが
中層の魚も口を使いプチ入れパク状態で船中が賑わいます!
しかし当歳魚が多く皆さん掛けるのに苦労しているようです。

当日「極細ワカサギ」を使っていたのは私と講習会に参加していたT氏!

この2人は当歳魚の前アタリもハッキリと出るので難なく掛けて行きます。

プチ入れパクも1時間ほどで終了。

その後も私とT氏はポツポツと掛けていきます。

お昼のカウントでは私が約250匹T氏は約200匹位だったと思います。

他のお客さんからは100匹の声が聞こえません。

暫く手を休め皆さんの釣りを見学する事にします。

午後になって更にアタリが小さくなり難しい釣りになってきました。

特に日向側の反応が悪くなり逆に日陰側ではアタリが出ているようです。

長めのお昼休憩を終えお客さんに了解してもらい釣座を日陰側に移動

この時の時刻14:00この状況でどこまで掛けられるか1時間のタイムアタックをする事に。

 穂先を可変に当らないギリギリまで立てます。

 すると 爆釣モード開始! 残り20分で手前祭りで1丁での釣りでしたが時速75匹

 周りの皆さんは唖然としてました。

 餌離れが早く当歳魚の小さいアタリ若干の湖流 この厳しい条件の中でも 明確なアタリを貰えたのは やはり 
「極細ワカサギ」のお陰だと思います。

 当日の釣果は 「極細ワカサギ」使用者 私=325匹 T氏=約250匹

その他のお客さんは 40~150匹でした。

 当日仕様タックル

竿 疾風低重心 2丁~1丁
穂先 疾風純正ロング Sガイド改
仕掛け V社 2段誘い 1号狐 3段誘い新素材 1.5号狐
ライン フジノライン 「極細ワカサギエントリーモデルタイプ2」0.15号
錘 2g~3g
餌 紅サシ釣果 325匹(竿頭)
[`evernote` not found]
LINEで送る

カテゴリー: フィールドレポート, ワカサギ レポート タグ: , , , パーマリンク

コメントは停止中です。