新素材水中糸プロトB-005モニターレポート

氏名:M.O

レポートNO.1

 P1000038

<使用日>平成21年 6月 24日

<使用した河川>     山梨県    葛野川

<使用したポイント>

             早背 トロ

<河川状況>

             増水、及び前半笹濁り

<本日の釣果>

             10~18cm 16尾

<仕掛け図>①~④までは必ずご記入ください。

①    プロトB-005の使用M数             4.0m

②    つけ糸の素材及び号数と長さ(上側と下側両方)  上つけ糸 ナイロン0.4 50cm

                          下つけ糸 ナイロン0.3 30cm

③    天上糸の素材(ナイロン・フロロ・PE)          フロロ 0.8

④ オモリ使用の有無                オモリの使用は無

⑤ 竿                       ダイワ グランドスリムⅢ 9.0m

 

<トラブルの有無>あり

      長さ10cm程の小枝が掛かり、取除こうとした瞬間目印の下、15cmで切れる。

      ヨレや、石のコスレに弱いのではないか

<糸の硬さについてどう感じますか(選択)>    やや硬い

<糸の重さについてどう感じますか(選択)>    やや重い

<コスレに対する強さについて(選択)>      やや弱い

<その他自由記入欄>

      今回の釣行は、先日の晩から降出した雨の影響で、正午から18時までの実質

6時間の釣りでした。川は濁り、石は一部を除き垢腐れ状態。早瀬の大きい石に

食み跡を見つけ、大石周りを攻める。

       自分の釣りは、泳がせ釣りがほとんどですが、今回は引釣りの練習として徹底

的に引釣り。早瀬、深瀬にでも簡単におとりが入り、前当たりや鮎の掛りが非常に

よく伝わってくる感じです。また、泳がせでも試しましたが、目印ひとつ水中に

入れるか、多目のおばせでよく泳いでくれました。数時間使用の感想としては、

ターボV TSスペシャルより、少し重く、少し硬く、感度は良い、コスレに弱い

かな? また、仕掛け作りに際し金属ラインより扱い易いのがなによりです。加

えて色も少しブルーが入っていて良いですね。


カテゴリー: フィールドレポート, 鮎 レポート タグ: パーマリンク

コメントは停止中です。