新素材水中糸プロトB-005モニターレポート

氏名:T.Y

レポートNO.1

<使用日>平成21年 6 月 7 日(解禁2日目)

<使用した河川> 埼玉県 荒川 通称丸山公園下

<使用したポイント>(チャラ瀬・トロ等複数記入可)

 チャラ瀬・トロ・急瀬

<河川状況>(増水、渇水、濁り等)

  やや増水10cm程度

<本日の釣果>

    3匹(15cmが2匹、18cm1匹)

<仕掛け図>①~④までは必ずご記入ください。

①    プロトB-005の使用M数  3.2m

②    つけ糸の素材及び号数と長さ 上側フロロ 0.5 50cm(ダイワ製)

               下側フロロ 0.4 30cm(バリバス製) 

③    天上糸の素材(ナイロン・フロロ・PE) フロロ0.8 5m(ダイワ製)遊び50cm

④ オモリ使用の有無 使用しません。背針対応です

<トラブルの有無>あり

  よくある事だが、ゴミ等のコスレでラインが弱くなり、根がかりでオトリごと持っていか

  れた。2度あったが、これは仕方ないこと。ラインのせいではない。

<糸の硬さについてどう感じますか> やや軟らかい

<糸の重さについてどう感じますか> やや軽い

<コスレに対する強さについて> やや弱い

<その他自由記入欄>

 鮎釣り歴:

   62歳で友人からゴルフでなく鮎釣り道具一式を持ってきて誘われたのがスタート。

   今年で足掛け6シーズンです。まだ初心者です。この度のモニターは参考にならない

   でしょう。でも仕掛けは自分で作るほうが上達の道の一つと本に書いてありました。

良いなと思う点:

①    ラインが16mですと3.2mが5個作れる・・・無駄がない

②    ダイワのメタコンポを昨年まで使っていた。しかも0.075は作業が困難で0.1に

変えたが、仕掛け作りが今年は苦労することなく出来た喜びが感激にかわりました。

 出来たらここはなんとかしてくれたらいいな:

①    ラインの取り出し口がわかりやすいといいなと思います。

②    ラインがもう少し硬いと良いと思います。


カテゴリー: フィールドレポート, 鮎 レポート タグ: パーマリンク

コメントは停止中です。