松原湖 ワカサギ 釣行 レポート

釣  人:テスター鈴木氏
日付…2012.01.15

場所…松原湖(猪名湖)

天候…曇り

ポイント…湖畔館前→藤棚前

水深…湖畔館前6.5m→藤棚前6.2m

タナ…底

竿…電動2丁

穂先…疾風ooki special SS→シマノSHS 01

仕掛け…自作4本バリ+下バリ オーナー社渋りワカサギ0.5号

ライン…フジノライン極細ワカサギ0.1号(ブルー)

オモリ…2g~1g

エサ…ラビットウォームカット

釣果…275尾

詳細…釣行前日、湖畔館前で9束オーバーの釣果が出たということもあり、朝一湖畔館前へ。

7時~8時30分で150尾をマークしたが徐々にアタリが遠のく。 テントから出てみるとおよそ40のテント村ができていた。 密集したことにより食い渋り状態となったのか、10時にはほぼアタリが皆無となった。

周りの釣り人も徐々に新しいポイントへと移動。

粘ってみたが反応乏しくなり昼食へ。 昼食に向かう途中、中央で釣り人が入っていないところを魚探で確認するも反応ゼロ。 昼食中地元の名手に情報提供してもらったのは藤棚前。ぽちぽちながらも釣果が出ているとのことだった。

ゆっくりと立花屋名物の鍋焼きうどんに舌鼓を打ち、午後1時過ぎ藤棚前へ。

立ち入り禁止ロープの際へテントが並んでいる中、入釣するスペースはロープ際にはなく、 全く穴も空いていないロープとロープのど真ん中、藤棚寄りへ入る。

魚探上でもベタ底に若干反応はあった。エサうち開始間もなく良型が上がる。

同時に魚探上の水深が変わるくらいの反応となりプチ入れ食いへ。

長くは続かないものの、定期的に群れは入ってくる。

エサ交換をスピーディに行うことで、足止めができるような印象だった16時までで5割がた良型のワカサギを楽しみ、275尾で終了となった。

 

途中ラインブレイクがあったが、原因としては、氷のエッジに引っかかったことだった。

ラインブレイク後の処置としては、ナイロンライン15cm程をリーダーとしトリプル8で結んだノットで瞬間接着剤未使用で応急的に対応した。結び目の解けはなかったが、あくまでも応急的な処置だったので不安感はあったが、繰り返しの使用で問題なければ、この方法でのノッドが可能と思われる。

追って報告する。

 


カテゴリー: フィールドレポート, ワカサギ レポート タグ: , , , , パーマリンク

コメントは停止中です。