上州屋イベント参加報告

平成25年12月8日、山中湖ワカサギドーム船「アーマーMORIMORI」で行われました。

このイベントは、釣具チェーン店上州屋主催のイベントで、講師役として参加させていただきました。

tpc175410-1

イベントのコンセプトは「エキスパートステップアップ」

講師は㈱モーリスから大木敏宏様、㈱DAIWAから根岸篤様、そして弊社より鈴木ということでした。

参加者30名のワカサギ釣りアングラー。

中級~上級クラスの腕の持ち主が参加者と言うこともあって、私自身も色々勉強させていただきました。

当日はターンオーバーの影響が大きく、状況的には非常に厳しい食い渋りでした。

ですが、皆様流石ですね。渋い中でもポツポツと釣り上げていました。

tpc175400-1

私たち講師3名は、午前中いっぱい時間を区切って、実釣を交えながらプレゼンをさせて頂きました。

大木様は主に仕掛け中心のレクチャー。根岸様は電動リール・穂先・可変アダプターの使い方をレクチャー。

そして私は弊社発売中の「極細ワカサギNEO」についてレクチャーさせていただきました。

弊社からは、参加者の皆様全員に極細ワカサギNEOを1スプール配布させていただきました。

tpc175415-2

実際のノット方法の実演や、実釣の中でナイロンラインとの比較、釣り方のコツ等レクチャーさせていただきましたが、参加者の皆様の活発な質問がとても印象的でした。

休憩を挟んで午後はミニ大会を開催。

まずは、私たちテスター3名でのテスターバトル30分間1本勝負がありました。

非常に食いが渋い状況の中でしたので釣果が出るか不安でしたが、何とか30分で22尾釣り上げ、テスターバトルを制覇することができました。

tpc175413-2

そしてその後は参加者全員(テスター含め)参加の60分間ミニ大会が行われました。

上位3名と飛び賞で、合計5名の方に「疾風」新発売の穂先がプレゼントされ、笑顔がこぼれていました。

当日参加されていた皆様、お疲れ様でした。そしてありがとうございました。

不慣れな点、ご無礼などの不手際がありましたら、この場をお借りしましてお詫び申し上げます。

 

ハイテクなワカサギ釣りラインを皆様にお使いいただけるよう、テストを繰り返し努力していく所存であります。

今後ともフジノラインをよろしくお願い申し上げます。

 

フジノライン ワカサギ釣りテスター 鈴木 誠

 

<30分間テスターバトルタックルデーター>

竿・・・D社電動リール2本

穂先・・・D社先調子21SS

ライン・・・フジノライン「極細ワカサギNEO ホワイト・ブルー」0.1号

オモリ・・・D社タングステン3.5g

仕掛・・・D社激渋用6本針 マルチ1.5号

タナ・・・約12.5m底

エサ・・・紅サシ通し刺し 先端カット

釣果・・・22尾(30分間) テスターバトル1位

 

 

 

 

 

 


カテゴリー: フィールドレポート, 更新情報 タグ: , , パーマリンク

コメントは停止中です。