新素材水中糸プロトB-005モニターレポート

氏名:I.K

レポートNO.1

 

<使用日>平成21年 6 月 3 日

<使用した河川> 神奈川 県  中津 川 仙台下

<使用したポイント>(チャラ瀬・トロ等複数記入可)

  トロ瀬・平瀬

<河川状況>(増水、渇水、濁り等)

  10cm高、水温15℃

<本日の釣果>

    8尾 13~15cm

<仕掛け図>①~④までは必ずご記入ください。

①    プロトB-005の使用M数 4m

②    つけ糸の素材及び号数と長さ 上ナイロン0.3号20cm、下ナイロン0.3号15cm

③    天上糸の素材(ナイロン・フロロ・PE) フロロ0.6 5m

④ オモリ使用の有無  無し

 

<トラブルの有無>なし

<糸の硬さについてどう感じますか>普通

<糸の重さについてどう感じますか>やや軽い

<コスレに対する強さについて>やや強い

<その他自由記入欄>

  元来、私はメタルが嫌いで、貴社のターボゼウス(0.07)を2~3年使用していました。

 メタルなのか複合なのか中間的な感覚が好きでしたが、いつの間にか市場から消え、やむなく

 D社の複合ラインを去年まで使用していました。

 ポイントによってはナイロンに張り替えたり、チョット面倒なこともありました。

 

 その点、プロトB005は本日の平瀬・トロ瀬に関してはオールマイティな感じがしました。

 

 指先でさわった感じがスベスベして、釣行時間は3時間位でしたが、ナイロンみたいにふやけ

 た様なことも感じられず、非常に使いやすいと思います。


カテゴリー: フィールドレポート, 鮎 レポート タグ: , , パーマリンク

コメントは停止中です。