鬼怒川本流釣行 フライレポート

今回も、行ってきました、ここに来て水量が下がり、気温も少しずつ上がって

それに伴い、鬼ヤマメも活性が上がり始めドライフライフィッシングが楽しい陽気に成ってきました。山の方の渓流も徐々に、活性が上がり始めたようでこれから楽しみです。私はまだ鬼怒川にどっぷりつかって半月遅れを、取り戻したいと思います

今回、最高の天候に恵まれ必ず、ライズが有ると確信していました。

朝7時30分から待つこと4時間半待望のライズが始まり鬼ヤマメと格闘が始まり

ました。今回は、あっけ無く3本取り尺には、届かないが、良いヤマメに出会えてとても楽し時間を、過ごせました(20分)その1匹に、今年初ヒカリが、混じりました

P4180680

ネットに入れて見ると、鱗がぽろぽろと剥がれ、余り剥がれ無いように写真1枚撮り直ぐにリリース 本当に綺麗なヒカリでした。善く言えば、時間短過ぎで、物足りない位で

このポイント後に、探し回る事に探すこと2時間、やっとライズを発見早速勝負

射程圏に入り素早くキャスト上手くレーンに入りドリフト、すると鬼ヤマメがフライを銜え水中へ、アワセを入れたが痛恨の、すっぽぬけ尺越えでした、今回鬼ヤマメの勝ちです。結果3本中1本が、ヒカリでした満足、次回尺越え狙います

P4180682

システム

ロット  8ft10 #1

ライン        #1

リーダー ウルトラロングリーダー6x 14ft

ティペット ウルトラティペット7x  7ft

本橋 通行

 


カテゴリー: フィールドレポート, フライ レポート タグ: , , パーマリンク

コメントは停止中です。