新素材水中糸プロトB-005モニターレポート

氏名:Y.S
レポートNO.1

<使用日>平成21年7月 5 日
<使用した河川> 岩手県 雫石川(葛根田川)
<使用したポイント>(チャラ瀬・トロ等複数記入可)
  平瀬・チャラ瀬
<河川状況>(増水、渇水、濁り等)
  渇水、濁りはないがゴミ多し
<本日の釣果>
    15cm~18cm 40尾
<仕掛け図>①~④までは必ずご記入ください。
① プロトB-005の使用M数  3.5m
② つけ糸の素材及び号数と長さ 上ナイロン0.3 50cm、下ナイロン0.25 30cm 
③ 天上糸の素材(ナイロン・フロロ・PE) ナイロン
④ オモリ使用の有無 使用無し

<トラブルの有無>なし

<糸の硬さについてどう感じますか>普通
<糸の重さについてどう感じますか>軽い
<コスレに対する強さについて>普通
<その他自由記入欄>
・ 糸が軽いためか、メタル糸と比べて感度がやや劣ると思われた。
・ 流れてきたゴミがからんで水中糸がダンゴ状に複雑にからんでいたが、そのまま使用しても切れることはなかった。(鮎が小型だったから?)
・ コスレについては、コスレによる劣化状態がわかりにくいのではないかと思われた。


カテゴリー: フィールドレポート, 鮎 レポート タグ: , , パーマリンク

コメントは停止中です。