秋田市 岩見川水系 本流フライレポート

釣行日:9月20日
エリア:秋田県 秋田市 岩見川水系 本流

DSC_0285

秋田の渓流シーズンはあっという間に過ぎて本日最終日をむかえた。例年最終日は良型(大型)ヤマメを狙って地元の好実績ポイントをサイトで釣り歩くのだが、今シーズンは9月に入ってから寒気が入り込んでいつもは6月~禁漁までウェットウェーディングで軽快に楽しんでいるスタイルもウェーダー無しでは無理な状況で、ポイント選択にチェックしていた数ヵ所を廻ってみたのだが上流域の良型は既にスポーニング行動に入っており、思案の末数は期待出来ないが魚のコンディションを考慮して本流域で楽しむ事にした。
予想はしていたが10cm前後の放流稚魚ヤマメの猛アタックでフライが乾く間がない状態に陥り、締めくくりは最悪!を覚悟しつつ丁寧にしつこく流してようやく秋色をほんのり纏ったまあまあサイズをランディング出来た。
今シーズンは秋が早く進み過ぎて自分で描いていたシナリオ通りの最終日とはならなくて残念だったが、自然相手なので仕方なく来シーズンに期待して短い6ヶ月のシーズンを終了した。

DSC_0273

リーダーシステムはプロトタイプ14ft 5Xにティペット 6Xを6~8ft継ぎ足で全長20~22ftのシステムで行った。
使用タックルは、8ft10in ・#1
使用フライは、#14クイルボディパラシュート,プードルな


カテゴリー: フィールドレポート, フライ レポート, 更新情報 タグ: , , パーマリンク

コメントは停止中です。