新素材水中糸プロトB-005モニターレポート

氏名:H.N

レポートNO.3

<使用日>平成21年 7月 18日

<使用した河川>     滋賀県 安曇川朽木

<使用したポイント> 早瀬、チャラ瀬

<河川状況> 平水より-10cm

<本日の釣果> 13~18cm 24匹

<仕掛け図>①~④までは必ずご記入ください。

①    プロトB-005の使用M数:3M(前回釣行自の糸を使用)

②    つけ糸の素材及び号数と長さ(上側と下側両方) 上側ナイロン0.4号1.3M、下側フロロ0.3号0.30M(前回岩ずれが気になったので今回+0.05M伸ばした)

③    天上糸の素材(ナイロン・フロロ・PE) :フロロ0.8号、4.5M

④ オモリ使用の有無:荒瀬で一時使用1号

竿:下野Bバージョン9M

中ハリス1.0号

針:アスティア6.5四本イカリ、

V5、7.5三本チラシ

 

<トラブルの有無>あり・なし  ありの場合、詳細。

 

<その他自由記入欄>

 当日、使用中に岩ずれが気になり、下付け糸を引き上げようとしたがまったく動かず(編み込

みは20回)、結局、仕掛けを交換しました。編み込みのフロロと新素材の抵抗はかなり強く編み

込み回数はもう少し少なくてもよいのではと感じました。多少移動出来る方が水中糸の悪くなっ

たし他の部分を切り捨てることが出来るので良いようにも思います。

 また、安曇川は角張った石が多いので特に岩ずれが気になります。新素材は強度は十分なので、

今度は、岩ずれの気にならない場所でもう少し大きな魚を相手にテストをしてみたいと思います。


カテゴリー: フィールドレポート, 鮎 レポート タグ: パーマリンク

コメントは停止中です。