山中湖湖 ワカサギ 釣行 レポート

釣  人:テスター鈴木氏
日  時:10/21(日)

天  候:晴天

場  所:山中湖 レストセンター
竿   :電動1丁
ラ イ ン:フジノライン新製品極細ワカサギNEO 0.15号 先糸0.4号
仕   掛:自作5本バリ O社渋りワカサギ1.5号 幹糸0.4号 枝ス0.2号 間隔15㎝ 枝長3㎝
オ モ リ:4g→5g
エ   サ:紅サシカット ワカサギウォーム
釣   果:157尾(4㎝~8㎝)
詳   細:
朝の気温約5℃であった山中湖周辺は日中は上着がいらないほど暖かくなった。湖面には水蒸気が立ち込め、この時期特有ターンオーバーが懸念された。
朝のうちは底付近での反応でポツポツ釣れていたが、徐々に渋くなり、魚探上の反応も悪くなった。
同時にタナバラケしている反応が出始め、魚が入ってくる棚も目まぐるしく変化していった。
12mの水深で約10m付近には絶えず反応があるが食いが立たず、さらに浅い水深5m~7m付近の群れが活発にエサを食っているようだった。
しかし群れの足は速く、棚調整が忙しい釣りとなった。
おそらくターンオーバーのからみで10m付近の魚より浅い水深を探っているほうが優位に数が伸びているように感じた1日であった。

カテゴリー: フィールドレポート, ワカサギ レポート タグ: , , , , パーマリンク

コメントは停止中です。