秋田市 岩見川水系 丸舞川フライレポート

釣行日:6月14日
エリア:秋田県 秋田市 岩見川水系 丸舞川

秋田の渓は6月第2、3週は季節的にも渓魚のコンディションもシーズン中一番だと自負しているし例年好成績で楽しめている。

DSC_0051

今シーズンは未だ雨が少なく水が動かないので良型がなかなか出ない状況で梅雨入り待ちしているところである。

自分としてはどちらかと言えば釣る行程や難易度などトータルしてヤマメ寄りなのだが、今回はイワナオンリーの川を楽しんでみた。
日曜日で秋田市近郊ということもあり先行者覚悟で出掛けたのだが、幸運にも入渓者もなく目的の流程は自分だけで楽しむ事が出来たのだが、前日に先行された形跡があり数は出たのだが7寸前後の中途半端なサイズばかりで良型はスレているか抜かれ(餌の人はキープしちゃうので)たとしか思えないほど貧果で出会えなかった。
魚のコンディションはベストで引きも力強く寄せてみると意外なサイズにがっかりするほどだった。活性も凄く高い状態でナチュラルドリフトしていてもフライを引ったくると表現してもよい様な出方だったしジャストタイミングで合わせても全てフライが飲まれてしまった。

DSC_0047

写真のイワナ(27cm本日最大)は一度フッキングしてもバレたのだが更に喰い付いて来た固体です。
リーダーシステムはウルトラロング14ft 5Xにティペット 6X 4~6ft継ぎ足で全長18~22ftのシステムで釣り上がった。

 

使用タックルは、7ft10in ・#0
使用フライは、#14~12 メイフライ,プードルなど各種(パラシュート主体)

Report by 谷々 和彦


カテゴリー: フィールドレポート, フライ レポート, 更新情報 タグ: , パーマリンク

コメントは停止中です。