秋田市 岩見川水系フライレポート

釣 行 日 : 8月13日
エ リ ア : 秋田県 秋田市 岩見川水系

秋田も例外なく毎日夏日が続き渓はアブの最盛期に突入した。日々のにわか雨等で渇水することもなく水量等条件も問題なく自宅近くのフィールドをじっくり攻めて来た。

DSC_0127
秋田市中心部近郊でアプローチが楽なため先行者は覚悟で入ったがラッキーな事に人の気配は無く貸切り状態で楽しませてもらった。
魚の付き場は定石通りで悩む必要もなく活性も高くフライへの反応はすこぶる良好であったが、比較的魚の濃い区間なので普段からフライ、ルアー、餌とあらゆる方法で人も入っている為警戒心(スレ)が強く初回のプレゼンテーション→反応で喰わせられなければ同じフライには全く反応しない、もしくは隠れてしまうというかなり頭を叩かれている状態で…ここは秋田の渓!?と思わせられ久しぶりに駆け引きを楽しめた。

DSC_0132
落ち込みの泡から出た明らかに尺を超えるヤマメをフッキングしたのだが掛かりどころが悪く寄せる段階で痛恨のバラシをしてしまった。悔しい~

DSC_0140

リーダーシステムは試作リーダー14ft 6Xにティペット 6X 4~6ft継ぎ足で全長18~20ftのシステムで釣り上がった。

使用タックルは、7ft10in ・#1
使用フライは、#14~12 プードル2,テレストリアルパラシュート各種,エルクカディスなど

 

Report by 谷々 和彦


カテゴリー: フィールドレポート, フライ レポート, 更新情報 タグ: , , パーマリンク

コメントは停止中です。