松原湖 c-style ワカサギ釣り王者決定戦

日時:2016.02.21

大会名:c-style ワカサギ釣り王者決定戦

場所:松原湖(猪名湖)

結果:3位

詳細:c-styleでお馴染みの、千島克也氏が主催するワカサギ釣り王者決定戦に参加。本大会は、予選から決勝まで1日で完結する短時間勝負の大会でした。今回で3度目の参加となるが、初出場で準優勝、昨年はシード選手で出場しましたが状況を把握しきれず惨敗。今年は予選からの出直し出場でした。

予選は午前7時~10時までの3時間勝負。前週の大会で入った姥の懐でした。少し奥の沖目のポイントに入りました。今回の大会は魚探使用が認められているので、魚探を活用して宙層メインに狙った。朝のうちは氷直下~1.5mで釣れていたので8時までに80尾確保。残り1時間でアタリが遠のいたので倒木沖の7mラインに移動し6尾追加。合計86尾で予選をギリギリ通過しました。

決勝戦は、大会運営側から指定された決勝戦エリア(中央)で行われました。時間は12時~13時15分の75分勝負。一番渋くなっている時間帯での決勝戦でしたので、底釣りメインの作戦で行きました。

予選から勝ち進んだ10名、シード選手3名、敗者復活戦勝ち上がり2名で行われました。限られたエリアで各々のポイントを定め戦いました。

結果は、優勝 千島氏(決勝戦24尾) 準優勝 中村氏(決勝17尾+ハンデ+3尾 計21尾) 3位は私、鈴木(18尾)でした。(上位3名次年度シード権獲得)

KIMG0416

ハンディキャップ制や、敗者復活戦など様々な企画がされていて、戦いだけではなく、非常に楽しめた大会となりました。賞品も多数協賛され大いに盛り上がりました。弊社も協賛させいていただきました。

<当日タックル>

リール:D社CRPT一本

穂先:自作カーボン削り出し

オモリ:4~3g

ライン:フジノライン 141シンカーワカサギ アイボリー0.15号

仕掛け:予選自作仕掛け全長1.2m8本針+下針→決勝全長50cm4本針+下針

エサ:本ラビットカット+ブドウムシ

釣果:予選86尾(予選最下位通過) 決勝18尾(3位)

Report by  鈴木 誠


カテゴリー: フィールドレポート, ワカサギ レポート, 更新情報 タグ: , , パーマリンク

コメントは停止中です。