秋田県 秋田市 小又川フライレポート

釣 行 日 :  2016年8月12日
フィールド : 秋田県 秋田市 小又川

毎日の真夏日と晴天が続き河川は減水傾向で県内でも南部の子吉川などは渇水対策支部が設置されるなど深刻化し始めている。
最源流部を除いてはどの河川も期待出来ない水況なので遠出せずに自宅近所に涼を求め入渓した。今回釣りをした区間は渓畔林が大きく被さっているので薄暗く、フライの視認性は悪いのだが直射日光を避ける事が出来るので猛暑の日にはうってつけのエリアだ。

先週と比較するとアブ発生のピークも過ぎ苦にならなくなったのだが、支度をしながら川を覗くと減水が進んでいて釣りは苦戦しそうな渓相に見えた。
要所要所を丁寧に目とフライでチェックしても反応は無く、サイトで見つけても水深のあるプールの底に定位していてドライフライには無反応、ヒラキなどは水位が低過ぎるためにティペットの着水で走られる有様だったので、思いきってティペットを7Xに落として細心の注意でフライ、ティペットを置くプレゼンテーションに切り替えた結果かなり神経質な出方をするが飽きない程度のペースで魚をランディング出来た。


良型の顔を見るには条件が悪過ぎたので期待も薄かったがその通りとなり7寸止りだったがコンディションの良いビカビカのヤマメ、イワナがロッドを曲げてくれた。
まとまった雨で増水して欲しいところで雨乞いしたい気持ちだ。
相変わらず熊の目撃情報多発、畑仕事の人が襲われるといった事故等多いので釣行の際にはくれぐれも気を付けて欲しい。

リーダーシステムは、
ウルトラ ファストスペシャルバージョン 15ft 4X,5Xにティペット 5X,6X 3~5ft継ぎ足し全長18~20ftシステム
※途中から6Xリーダーに7Xティペット(長さは同等)
使用タックルは、7ft10in ・#1
使用フライは、#10,#12テレストリアルパラシュート、#12ディアヘアカディスなど

Rerport by 谷々 和彦


カテゴリー: フィールドレポート, フライ レポート, 更新情報 タグ: , , パーマリンク

コメントは停止中です。