秋田県 仙北市 桧木内川水系 フライレポート

釣行日:2017年6月18日
エリア:秋田県 仙北市 桧木内川水系

 

いよいよ秋田の渓もドライフライオンリーでいける様になり6月2~3週辺りは最もコンディションが良いシーズンで、まさに今である。先週までは週末の冷たい雨と増水濁りに祟られ竿が出せずにタイイングに精を出す休みの日々だったが、今回は天気に恵まれ川のコンディションも文句なしの状況で気持ち良く現場に出向いた。

連日の熊出没や被害の報道の影響も多少はあるのか日曜日で人気河川の割には先行者皆無だったので貸切状態で堪能出来た。

今回はヤマメ主体で支流域を中心に探ってみたのだが、前日の踏み跡が河岸に残っているエリアは少し出方が渋めだったがそれより上流に入るとハイシーズンのセオリー通りのポイントから小気味良くヤマメが出てくれた。

4時間の釣行で20尾超えだったので数は楽しめたのだがサイズが今一つで7寸アベレージでそれを超える良型には出会えなかった。

既にメイフライの大量ハッチも終息しておりフライパターンはテレストリアル系を使っても問題ないので(何を流しても反応あり)おおらかな釣りが楽しめるシーズンに突入した。

 

リーダーシステムはウルトラファスト15ft 5Xにティペット 5X 4~5ft継ぎ足で全長19~20ftのシステムで釣り上がった。

使用タックルは、7ft1in ・#1

使用フライは、#14各種(パラシュート主体)

Report by 谷々 和彦

 


カテゴリー: フィールドレポート, フライ レポート, 更新情報 タグ: , パーマリンク

コメントは停止中です。