<2017年度 中津川鮎友釣り初心者講習会レポート>

2017年7月30日(日)、神奈川県・中津川にて鮎友釣り初心者講習会を開催しました。

前日からの雨にも関わらず、千葉、埼玉、東京、神奈川各県から27名の方に

ご参加いただきました。

今回の講習会は、友釣りが全く初めての方が15名以上あり、各社で準備された

レンタルタックルが大活躍していました。

講師は、鮎夢会から13名、共催各社から8名の合計21名の予定でしたが、初めての方が

多かったため、予定外のスタッフもお手伝いする等、スタッフ総動員で講師にあたり、

ほとんどマンツーマンに近い形での講習となりました。

天気予報がはずれて、小雨でのスタート。水温が16℃台と冷たく、テント内で

座学講習を行い、水温が上がるのを待ちました。

道具の説明、釣り方の説明を行い、質疑応答では、

「ハリは一日何本持っていったらよいですか?」

等、様々な質問が出ていました。

 

実釣講習では、まずはタライを使ってハナカン通しの練習。手こずる方も少なく、

すんなりとハナカン通しをクリアされていました。

仕掛けを準備し、それぞれに講師がついて川に入り個別講習。

この日の条件は最悪ともいえる状況の中、ぽつりぽつりと釣れはじめました。

昼食時には、鮎夢会メンバーが、じっくり炭で焼いた中津川の鮎の串焼きを堪能しました。

一本ずつ藁から抜き取り、美味しさも格別でした。

昼食後は、各メーカーテスター・鮎夢会メンバーによるデモンストレーション。短時間で釣果を上げる姿に拍手喝采でした。他の人の釣りを見ることの大切さも感じられました。

午後も午前中と同じ講師について、実釣。

参加者の中には、なんと6尾の鮎をかけた方もありました。

釣れなかった方もありましたが、この日の厳しい条件のもと、予想以上の釣果に講師陣も感心しきりでした。

参加された皆さま、長時間にわたり有難うございました。

 

共催:(株)フジノライン、(株)モーリス、大橋漁具(株)

協力:鮎夢会、大川屋オトリ店                   順不同、敬称略


カテゴリー: イベントレポート, 更新情報 タグ: , , , , パーマリンク

コメントは停止中です。