新潟県信濃川水系フライレポート

釣行日:2018年5月30日
エリア:新潟県信濃川水系釣行

今回もテスト釣行です。
ホームグラウンドでテストです、朝6時気温16度寒さ感じません
活性は良いはずと自分なりの判断、支度し川へすぐイワナが出てくれました
何時もの年なら放流物は釣れないのですが、釣り人が少ないのか分かりませんが
多いですヒレの丸まった魚体、釣れても半減しますが反応は良いので釣り上がります
中にはヒレピンの綺麗なヤマメ、イワナ釣れます。やはり気温高いのか反応良く
ライズは擦るしライズ取は楽しいです。1時間もしない中怪しげな風がキャストを妨げます
そのうち爆風状態止みまを縫ってキャステング、それでも活性下がらずライズ止まらず
ライズ取しながら釣り上がります。

今年は毎年付かないエリア有るのですが、放流が入っていてコンスタントに魚が顔を出してくれます


何時まで残っているのか心配ですが、今のところ可なりの数は残っています。
お昼過ぎ風は治まりましたが雨が降り始め気温が下がり始め活性が下がるかと思いきや
活性上場下がりませんあちらこちらでライズは有るしブラインドでも出るし、
5時ごろとあるプールでボコボコ状態何を食べているのか調べると、正体はオドリバエです
スタンダードで出ていたのに突然偏食しフライに出無くなりプールを後に、普段なら
フライを変えながら格闘するのですが、立ちこんでるので寒くて体が震え手はかじかみ、耐えられず移動です。

少し反応が良くない感じ水温が下がったのか魚が居ないのか?
最後大きなプールを見に、3年前は可なり深かったですが埋まってしまいそれからはライズも乏しかった。
今回もたいした事ないんだろうと思いながらも、水面に目をやるとやってます開きで3匹
すぐフライを流すとパクリいい型です25㎝ぐらいヤマメです、ところがバレてしまい場荒れライズがとまり上流域へ、やってます単発ですが素直にでて、イブで28㎝頭に8匹昼間は泣き尺イワナが頭でした。

イブニングの楽しい時間を満喫出来ました。

システム

ロッド  8ft10#1
リーダー  プロト15ft5x
ティペット  AQナイロンティペット  7x
全長20ft

Report by 本橋 通行


カテゴリー: フィールドレポート, フライ レポート, 更新情報 タグ: , , パーマリンク

コメントは停止中です。