秋田県 県央の河川フライレポート

釣行日:2018年6月3日
エリア:秋田県 県央の河川

いよいよ秋田の渓も盛期の始まりを感じさせる様になって来た。
渓魚のコンディションが良くなり活性も上がりドライフライの楽しいシーズン突入である。
天気も川の状況も良く釣行河川の選択に悩んでいたら釣友からの誘いがあり同行する事になった。
今回はイワナハンティングで上流部を目指したのだが、昨年夏の水害で河川脇の林道が崩壊しており車を降りてからひたすら歩くという体力勝負の釣行になった。
アクセスが困難な分川の状態は良好で各ポイントのカタ、巻き返しで素直にイワナは反応してくれ丸々と太ったコンディションの良い魚体でフッキング後は遡るパワーを見せ久々に楽しいイワナハンティングになった。


34cmの尺超えを筆頭にアベレージ8寸でサイズも数も全く不満の出ない釣行になった。
今シーズンも例外なく熊の気配はあちこちにあり鈴の携帯、熊スプレーの装備等自分の身を守る準備も必要である。

使用タックルは、8ft1in ・#2

使用フライは、#12,#14メイフライパラシュート各種

リーダーシステムは、ウルトラ ファストリーダーSP 15ft 4X にAQティペット 5X,6X 3~6ft継ぎ足し 全長18~21ft

Report by 谷々 和彦


カテゴリー: フィールドレポート, フライ レポート, 更新情報 タグ: , , , パーマリンク

コメントは停止中です。