新素材水中糸プロトB-005モニターレポート

氏名: S.Y

レポートNO.4

<使用日>平成21年  8月  22日

<使用した河川>     静岡県     天竜川

<使用したポイント>  早瀬

<河川状況> 並水

<本日の釣果>25匹

<仕掛け図>①~④までは必ずご記入ください。

①    プロトB-005の使用M数   (3.5m)

②    つけ糸の素材及び号数と長さ(上側と下側両方) (上下共通25cm-フロロ/0.3号)

③    天上糸の素材(ナイロン・フロロ・PE)   (フロロ-6m) 

④ オモリ使用の有無  (未使用) 背針使用

 

<トラブルの有無>なし

 

<その他自由記入欄>

竿:S社 H2.5-9m 「ソリッド穂先仕様」

普段使用糸: F社 プロガード / ターボV / D社 メタコンポⅡ / T社 メタル冴

尚、プロガードとの比較については、プロガードより、若干硬い様に感じます。

 

20090825-2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この瀬には、垢が全て跳んで1匹も掛からない見た目だけの場所でした!しかし、鮎は見えました。

因みに青い筋は、僕が竿を出している様子です。「同行者撮影」

 

20090825-1

 

 

 

 

 

 

 

 

7月の長雨による河川の激増水に伴い漸く竿が出せる様に成り、釣り人が集中し場荒れしてイマシタ!

一か所の瀬に約20人が入って竿を出し、囮の数が居着き鮎より圧倒敵に多い様な感じです。

約40m程の一本瀬「今回の増水にて出現した瀬の為、垢の付き具合は少量!以前は、瀞場/淵」


カテゴリー: フィールドレポート, 鮎 レポート タグ: , , パーマリンク

コメントは停止中です。