新素材水中糸プロトB-005モニターレポート

氏名:S.Y

レポートNO.1

 

<使用日>                          平成21年 5月 23日

<使用した河川>                      静岡県 狩野川(解禁日)

<使用したポイント>(チャラ瀬・トロ等複数記入可)  雲金吊り橋下流左岸 石のサイズ 頭~一抱え大

<河川状況>(増水、渇水、濁り等)           やや増水、濁りなし

<本日の釣果>                        83匹(午前中のみプロト使用なので正確には56匹)

<仕掛け図>①~④までは必ずご記入ください。    下記参照

①      プロトB-005の使用M数 4m

②      つけ糸の素材及び号数と長さ(上側と下側両方) 上付け糸フロロ0.3号25cm、下付け糸フロロ0.25号20cm

③      天上糸の素材(ナイロン・フロロ・PE) フロロ0.6号

④      オモリ使用の有無 ほぼ無し

 ayu20091014-1

 

上図では下付け糸が25cmとなっておりますが、当日は20cmと致しました。

<トラブルの有無>あり

              ベタ竿の引き釣りで当日は操作していたが、午前中使用しただけでササクレが発生しました。

              午後、再度張り直し適度にテンションを掛けただけで切れてしまいました。

 

<糸の硬さについてどう感じますか(選択)>普通

<糸の重さについてどう感じますか(選択)>やや軽い

<コスレに対する強さについて(選択)>やや弱い

<その他自由記入欄>(どのようなことでも結構です。自由なご意見をご記入ください)

 

              当日は初使用でしたが、以前のTAFF1よりはコーティング剥がれ後の耐久性は強く感じました。

              根ズレも使用場所を限定すれば問題なく使えるレベルかもしれません。

              解禁直後のため、止めてフラフラさせている感じがメタルよりも演出出来た気が


カテゴリー: フィールドレポート, 鮎 レポート タグ: , , パーマリンク

コメントは停止中です。