新素材水中糸プロトB-005モニターレポート

氏名:T.K

レポートNO.4

<使用日>平成21年 9 月16  日

<使用した河川>  鳥取   県 日野     川

<使用したポイント>

<河川状況>減水気味

<本日の釣果>11匹

<仕掛け図>①~④までは必ずご記入ください。

①    プロトB-005の使用M数 3m

②    つけ糸の素材及び号数と長さ 上1.5m、下0.2m、上下共にナイロン0.25号

③    天上糸の素材(ナイロン・フロロ・PE) フロロ

④ オモリ使用の有無  無

 

<トラブルの有無>なし  ありの場合、詳細。

 

<その他自由記入欄>

今シーズン、プロトタイプの使用に際して感じたのは、ナイロンでもメタルでもない糸、

中途半端な糸という印象を受けました。

でも、こういうタイプの糸を使用するのは初めてでしたので、「世の中にはこういうタイプの糸

もある」ということを教えていただいて、鮎釣りの引き出しが一つ増えたような気がしています。

そして10回にも満たない試釣ではありましたが、釣果を求めながら糸の状態を「見る」「感じる」

「確かめる」普段の釣りでは体験できないことをさせて頂きました。

何だかテスターの皆さんの苦労が少しだけわかったような気がします。

お世話になりました。

ありがとうございました。


カテゴリー: フィールドレポート, 鮎 レポート タグ: パーマリンク

コメントは停止中です。