新素材水中糸プロトB-005モニターレポート

氏名:Y.U

レポートNO.10

<使用日>平成21年 9 月 19 日

<使用した河川> 静岡  県  興津  川

<使用したポイント>トロ・チャラ瀬

<河川状況>15cm~20cm減水

<本日の釣果>21尾

<仕掛け図>①~④までは必ずご記入ください。

①    プロトB-005の使用M数 3m

②    つけ糸の素材及び号数と長さ 上フロロ0.4 1.5m、下フロロ0.3 15cm 

③    天上糸の素材(ナイロン・フロロ・PE) フロロ0.8 5m移動式

④ オモリ使用の有無  有 1号

 

<トラブルの有無>あり

 掛かったときに、石に巻かれ、編込み部分で切れました。

 

<その他自由記入欄>

かなりの渇水でした。立て竿の泳がせメインで釣りをしました。厳密には違うかもしれませんが、

自分としてはナイロンと同じ感覚の泳がせ方を出来たと思います。

また、B-005が渇水の興津川にマッチしたのではないかと思いました。最後に掛けたときにライ

ンブレイクをしてしまいましたが、石に巻かれたので仕方ないことだと思います。

今シーズン通しての感想としては、水切れがいいので瀬でも充分対応できます。

また使用していくうちに軽い糸という印象に変わりました。

糸が軽いので、オバセ調節の泳がせ釣りの操作が行いやすかったです。

瀬・チャラ・トロとどのポイントでも対応できる万能糸だと思います。

ただ、コーティングが剥がれやすいと思うので、改善していただければと思います。

自分の技量不足で、根掛かりや石に巻かれてラインブレイクを何度かしてしまいましたが、

御社のテスターの方に教えていただいた編込み30回やればそう簡単にはトラブルは起きないと

思いました。鮎を掛けて竿を立てて抜くまでのトラブルは無かったです。

また、アシやゴミでのラインブレイク、トラブルもなく強い糸でした。

たいした釣果も出せず、モニターとしての役割を果たせたかどうかわかりませんが、今シーズン

良い経験をさせていただきました。

こういった機会を与えていただいた御社に厚く御礼申し上げます。ありがとうございました。


カテゴリー: フィールドレポート, 鮎 レポート タグ: , , パーマリンク

コメントは停止中です。