新素材水中糸プロトB-005モニターレポート

氏名:R.H

レポートNO.

 

<使用日> 平成21年6月1日 月曜日

<使用した河川>   神奈川県 中津川 

<使用したポイント> 瀬 チャラ瀬 仙台下

<河川状況> 少し増水

<本日の釣果> 40匹  14cm~19cm

        プロトライン 40匹

        

<仕掛け図>①~④までは必ずご記入ください。

    プロトB-005の使用M数  .0m

    つけ糸の素材及び号数と長さ 上フロロ0.3、下フロロ0.3

    天上糸の素材  フロロ 0.6

    オモリ使用の有無 時々使用 0.5

 

仕掛け詳細 天糸 フロロ0.6 4.5m (1mの調整式))

      上付け糸 フロロ 0.3  25cm 

      下付け糸 フロロ 0.3 20cm

      目印 4個 編みこみ

      鼻管 5号 移動式編みこみ ナイロン 0.8 20cm

      ハリ  4本イカリ 6.5  3本イカリ 6.

      ハリス フロロ 1.0  

      プロト 使用回数 新品

 

<トラブルの有無> 有り

          当日の鮎は冷水病と思われ引きが非常に弱く瀬には付いていないので

          際のヘチをオモリ使用し止め泳がせで釣りました。

          ちょこっとだけ傷(目には見えない手で触って凹凸が感じるくらい)

          付いたのですが、その後、2匹目のアタリで親子丼してしまいました。

<糸の硬さについてどう感じますか(選択)> やや硬い

<糸の重さについてどう感じますか(選択)> 普通

<コスレに対する強さについて(選択)> 弱い

<その他自由記入欄>(どのようなことでも結構です。自由なご意見をご記入ください)

本日は、夕方から泳がせ釣りに使用しましたが、泳ぎもよく操作しやすかったです。

また、以前の糸(TAFF,プロガード)のようにササクレにはなりませんでした。

僕の釣り方(引きつり)だと1日使用してノントラブルは非常に難しい感じがします。

立て竿の方、背ハリ、付け糸長めの方は問題ないかもしれません。

 

糸の色については、透き通る青で良い印象です。水に馴染む感じがして、スレ、見え鮎には

有効性を感じます。

後、1セット仕掛けがありますので、中盤鮎に使用してみます。

 

前回、プロガード0.05を使用し比較しましたが、なんとなく沈み、耐久性はB005

の方が優れているように思えます。

 


カテゴリー: フィールドレポート, 鮎 レポート タグ: , パーマリンク

コメントは停止中です。