新素材水中糸プロトB-005モニターレポート

氏名:K.T

レポートNO.1

<使用ロッドタイプ>                                    オールラウンド9m

<使用日>                                              平成21年 7月 20日

<使用した河川>                                      神奈川県 相模川

<使用したポイント>(チャラ瀬・トロ等複数記入可)      平瀬、トロ(水深約1.2m)

<河川状況>(増水、渇水、濁り等)                      平水

<本日の釣果>                                          2尾    

<仕掛け図>①~④までは必ずご記入ください。

①    プロトB-005の使用M数                                  4m

②    つけ糸の素材及び号数と長さ(上側と下側両方)    上:フロロ0.3号0.5m、

                      下:フロロ0.3号0.2m

③    天上糸の素材(ナイロン・フロロ・PE)                   0.8号4.5m

④ オモリ使用の有無                                無し

ナイロン0.8号4.5m
ナイロン0.6号0.5m
B-005、4m
ナイロン0.3号0.2m

<トラブルの有無>なし  ありの場合、具体的にトラブルのあった箇所と考えられる要因があればご記入ください。

 

<糸の硬さについてどう感じますか>やや軟らかい

<糸の重さについてどう感じますか>普通

<コスレに対する強さについて>やや強い

 

<その他自由記入欄>(どのようなことでも結構です。自由なご意見をご記入ください)

シーズンを通して思ったことを書かせていただきます

水切れ抵抗も非常に少なく、オトリへの負担もかなり軽減されていると感じた

しなやかで、張りもあり、硬さは適度で使い。TurboV・TSと比較してもしなやかで使いやすかった

重さに関しては全く問題無いと思った

強度的には0.05号よりも少し太いもの(0.07~0.1くらい)を使用したいと思った

強度がどの程度かわからずに使用していたが、オトリ22cm使用で、最大25cmの鮎まで掛ても問題なかった。

掛かり鮎22~23cmは全く問題なく、掛けの針ハリス0.8号が切れることはあったが、水中糸が切れることはなかった

できれば、先に許容強度を聞いたうえで試用したかった(結構ギリギリの状況で使用していた気がする

 

 

 

 

 


カテゴリー: フィールドレポート, 鮎 レポート タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

*

CAPTCHA