新素材水中糸プロトB-005モニターレポート

氏名:Y.N

レポートNO.1

 

<使用日>平成21年 6 月 7 日

<使用した河川> 栃木    県  鬼怒川

<使用したポイント>(チャラ瀬・トロ等複数記入可)

瀬肩・トロ

<河川状況>(増水、渇水、濁り等)

渇水

<本日の釣果>

  21匹  

<仕掛け図>①~④までは必ずご記入ください。

①    プロトB-005の使用M数 3.7m

②    つけ糸の素材及び号数と長さ 0.25 フロロ 上下30cm 

③    天上糸の素材(ナイロン・フロロ・PE) フロロ

④ オモリ使用の有無  無

 

<トラブルの有無>なし  ありの場合、具体的にトラブルのあった箇所と考えられる要因があればご記入ください。

 

<糸の硬さについてどう感じますか>普通

<糸の重さについてどう感じますか>やや軽い

<コスレに対する強さについて>普通

<その他自由記入欄>(どのようなことでも結構です。自由なご意見をご記入ください)

意外と石ズレにも強い印象でした。

泳がせよりも引き釣りに適している様で、オバセをきかせるというよりか、水きり抵抗の少なさ

の方が0.05号のメリットとなっている。

比重等のくわしい事はわかりませんが、複合メタルと(ナイロン・フロロ)との中間的な使用方

法でオモリなしのノーマル仕掛けでの水深のそれ程ない早瀬・急瀬(初期の?)に適した糸では

ないかと思われました。

*    また何かモニター的なものがありましたら紹介してください。

 

 


カテゴリー: フィールドレポート, 鮎 レポート タグ: パーマリンク

コメントを残す

*

CAPTCHA