新素材水中糸プロトB-005モニターレポート

氏名:S.N

レポートNO.1

 

<使用日>平成21年 6 月 20 日

<使用した河川> 神奈川    県 中津     川

<使用したポイント>(チャラ瀬・トロ等複数記入可)

  瀬肩

<河川状況>(増水、渇水、濁り等)

  普通

<本日の釣果>

    本仕掛けで1匹

<仕掛け図>①~④までは必ずご記入ください。

①    プロトB-005の使用M数  4m

②    つけ糸の素材及び号数と長さ(上側と下側両方)0.8 30cm 

③    天上糸の素材(ナイロン・フロロ・PE) 市販カツイチ天上糸セット 0.8号

④ オモリ使用の有無   背針

 

<トラブルの有無>あり  ありの場合、具体的にトラブルのあった箇所と考えられる要因があればご記入ください。

  鮎ヒット時、糸切れ ばらし

  

<糸の硬さについてどう感じますか>普通

<糸の重さについてどう感じますか>普通

<コスレに対する強さについて(選択)>強い・やや強い・普通・やや弱い・弱い

<その他自由記入欄>(どのようなことでも結構です。自由なご意見をご記入ください)

 

 10月17日で本年の鮎釣りを終了しました。

本年は20回の釣行です。ここ数年の回数です。

いつもは、複合メタルライン愛用専門ですが、今年は貴社のラインを試行しました。

最初のライン切れでダメージ多く、一日一回の使用となりました。

本年は、興津川、狩野川、酒匂川、中津川で釣りましたが、興津川が川の状態が良く、釣果が

一番で、中津はさっぱりで2桁はありませんでした。最悪な状態でした。

酒匂も本年は最悪ではなかったかと思います。興津も5回行きましたが、鮎が多いけれども

追わない状態でしたので、ラインテストどころではありませんでした。

 

ラインについては、細いため扱いにくいと思います。

複合メタルの0.08を使用していますが、下糸、上糸ともに市販メタルジョイントで接着剤

を使用していますが、本糸は編込みなど若干扱いにくいと思いました。

根掛かり時に、糸が縮れ状態は、引いた関係で仕方ありませんが、細いと仕掛け直しなど手間が

かかりました。

ジョイントを使用するが前提?よくわかりませんが、素人ですから。

ありがとうございました。


カテゴリー: フィールドレポート, 鮎 レポート タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

*

CAPTCHA