新素材水中糸プロトB-005モニターレポート

氏名:A.S

レポートNO.1

 

<使用日>平成21年 6 月 10 日

<使用した河川> 静岡    県  狩野    川

<使用したポイント>(チャラ瀬・トロ等複数記入可)

  トロ瀬及びトロ

<河川状況>(増水、渇水、濁り等)

  やや増水 20cm高 雨天

<本日の釣果> AM8時~AM10時 9匹、10cm~19cm

    

<仕掛け図>①~④までは必ずご記入ください。

①    プロトB-005の使用M数  3.2m

②    つけ糸の素材及び号数と長さ 上0.4号80cm、下0.25号20cm 

③    天上糸の素材(ナイロン・フロロ・PE) フロロ0.4 5.5m

④ オモリ使用の有無  無

 

<トラブルの有無>なし  ありの場合、具体的にトラブルのあった箇所と考えられる要因があればご記入ください。

 

<糸の硬さについてどう感じますか>やや軟らかい

<糸の重さについてどう感じますか>やや軽い(他社複合ラインに比べて)

<コスレに対する強さについて>普通

<その他自由記入欄>(どのようなことでも結構です。自由なご意見をご記入ください)

AM8時より2時間での10cm~19cm鮎を9匹かけましたが、掛り鮎の感度は10cmで

もかなり出ます。

小さな鮎をオトリにしてもラインは軽く感じるが沈みは早いと思う。

今回は竿がやわらかいので、バレもなく、使いやすく感じた。

 

オバセ:基本的にはつけ糸でオバセをとった。糸が細いため取れない。

沈み:比重はフロロなみで使えるが糸が細い分水切れは良い。

感度:伸びが少なく、取り込みも楽。

 

全体的には使いやすい糸と思いましたが、釣場が限られるような気がします。

トロ瀬を中心としたたて竿の釣には適すと思いますが、瀬・又は浅瀬の泳がせは難しいです。


カテゴリー: フィールドレポート, 鮎 レポート タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

*

CAPTCHA