新素材水中糸プロトB-005モニターレポート

氏名:T.H

レポートNO.8

<使用日>平成21年 8 月 29 日

<使用した河川>   静岡  県  狩野  川 宮田橋上

<使用したポイント>瀬落ち

<河川状況>渇水

<本日の釣果>27匹

<仕掛け図>①~④までは必ずご記入ください。

①    プロトB-005の使用M数 4m

②    つけ糸の素材及び号数と長さ 10cm、15cm 

③    天上糸の素材(ナイロン・フロロ・PE) 

④ オモリ使用の有無 あり

 

<トラブルの有無>なし 

 

<その他自由記入欄>

瀬釣りには向いている。

 

総括 2009.10.25

今年の酒匂川は8月の後半より釣れ始めたため、瀬釣りのレポートがあまりできませんでした。

8月29日狩野川、8月16,17日。郡上吉田川の3回瀬を釣った。

とても釣り易かったです。また石ずれは、ターボと比べて、小さくそしてほつれが出始めるので

よくわかります。

釣行後、ハナカン回りから上をどれくらい短くして次回つかうのか。

また今回は4mを4つ作りました。

1回の釣行で1.5mを短くし、4mを2回 ×4回 =8回、8回はできると思います。

(私の場合、1.5mも切ってしまうため)

ターボより、水切れがよく、また同じくらい強いと思いました。(0.05=ターボ0.07)

深瀬のトロ釣りも出来ます。ダンゴになりにくいと思います。

後期は残念ながらフロロを使ってしまいますので、オバセのかけかたによる泳がせの具合、すなわ

ち竿の角度と糸ふけの具合までモニターできませんでした。

また、私はターボとフロロの組み合わせで釣っていますので、メタルとこの糸との比較が出来ず

申し訳ありません。

来年この糸を買って、瀬釣りの時(初期から中期)また早い流れの場所で使っていきたいとおも

います。

[`evernote` not found]
LINEで送る

カテゴリー: フィールドレポート, 鮎 レポート タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

*

CAPTCHA