新素材水中糸プロトB-005モニターレポート

氏名:K.M

レポートNO.2

<使用日>平成21年 8 月 23 日

<使用した河川>  岐阜   県 長良 川(大和付近)

<使用したポイント>トロ瀬

<河川状況>平水・透明

<本日の釣果>7:00~11:00  8匹

<仕掛け図>①~④までは必ずご記入ください。

①    プロトB-005の使用M数  4m

②    つけ糸の素材及び号数と長さ 上ナイロン0.4 50cm、下ナイロン0.25 20cm 

③    天上糸の素材(ナイロン・フロロ・PE) ナイロン

④ オモリ使用の有無  無

 

<トラブルの有無>あり  ありの場合、詳細。

ラインの一部が草にひっかかり、とり除いた後、そのままの状態で使用する(ラインのキズ等は

なかった)鮎が掛かり、引き抜きをしようとしたときにラインブレイクしてしまった。

水中糸(プロトB005)のまん中で切れてしまった。

 

<その他自由記入欄>

目に見えない傷でも、鮎の大きさによっては力に耐えられず切れてしまう。

ラインの扱いには注意が必要と感じた。


カテゴリー: フィールドレポート, 鮎 レポート タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

*

CAPTCHA